ファミリー引越センターの感想まとめ

ケース1 単身引越し(女性)

 

不要なダンボールは引き取ってくれましたし、家財関係は全て傷つかないように丁寧に運搬してくれているのが分かった。

 

作業も素早く、特にトラブルも無し。

 

強いて言うならば、引越し当日、金髪に染めた若いお兄さんが最初室内の確認に来たため、女性で一人暮らしをしている身としてはなんとなく身構えてしまうところがあった

 

動きやすい格好で作業頂くのが一番だとは思うが、確か制服なども着ていなかったように記憶しているので、身なりなども出来ればもっと安心できる感じだと良いのかなと感じる。

 

引越しは過去に2度ほどしたことがあるが、ファミリーの引越しとは違うため、荷物も比較的少なく、距離も同じ関東圏で引越したため、問題というのは起こったことがないです。

 

引越し前にやっておいた方がいいこと

 

100円均一で買えるような、水回りの雑貨類(掃除用スポンジや洗面器など)は、勿体ぶらずに捨てる!

 

引越しの日取りが決まったら、まとめてダンボールに詰めようなどと考えずに梱包できるものからじゃんじゃん梱包してしまうと良い。

 

(今の時期であれば冬服など)この方法でも、意外と引越し直前になるとあれも入れてない!これも入れてない!と慌てる。

 

もちろん梱包したダンボールには何を入れているか、忘れずに。

 

当たり前かもしれないが、荷解きをする時用に、軍手とハサミ、カッターは忘れずに手持ちに入れておくべし。

 

新居についていざ荷解きをするとき、ハサミなどはもうどこに入れてあるか分からなくて出てくるまで手作業で頑張る羽目になる。

 

平日は仕事をしながら休日2日間で引越しを行った時は、毎日仕事終わりに作業していて日々ヘトヘトだったので、連休は値段の高い時期になってしまうが極力そちらの方が引越ししやすいと思う。

 

ケース2 単身引越し(男性)

 

何件かネットで見積もりを出した後、電話で荷物の詳細を打ち合わせしました。

 

見積もりフォームに記載した荷物の種類と、必要なダンボール数を確認して、一番安かったところに決めました。

 

訪問での見積もりが不要で、スムーズに決められたのがよかったです。

 

引っ越し作業がとにかく手際がよくて、あっという間に部屋が空になりました。

 

養生などもしっかりしており、傷をつけたりしないように気を配っていました。

 

蛍光灯のかさをつけるのに、踏み台になるものがなく困っていると、すぐにスタッフさん2人が声をかけてくれて、設置してくれて助かりました。

 

初めて自分で手配をした引っ越しなので不安でしたが、気持ちよく終えられたので、次の引っ越しにも利用しました。

 

ファミリー引越センターで引っ越しした感想 その6

すぐ使うものは最後に荷造りして、最初に開封する、というのはよく聞きますが、体験して絶対わかるようにしておくべきだと思ったのは「トイレットペーパー」です。

 

荷卸しが終わりひと段落して、トイレに行ったのはいいもののトイレットペーパーを出してなかった!と大慌てしました。

 

手伝いに来ていた母親に、ダンボールを何箱も探してもらい、「次回の教訓だね」と言い合いました。

 

あとは、カーテンを前もってつけておくように聞いていたので、部屋の鍵をもらった後に、つけておきました。

 

寒くなる時期の引っ越しで、フローリングに直に立ったり座ったりすると体が冷えるので、スリッパを用意したり、作業で座るときにダンボールを敷いたりしました。